2015年04月12日

ギラッシュ(Ghirrash)作るよ

未訳のD&D3.5版サプリメント『Miniatures Handbook』にシャドウ・ビースト(Shadow Beast)という影界の来訪者が居まして、3種類のうちクーマット(Khumat)とタスコー(Taskor)はD&Dミニチュアで出たのですが、残った1種類、ギラッシュ(Ghirrash)だけはミニチュアがありません。

ちなみにこんなやつ

容姿の説明文には、「ぱっと見ると手足が合計6本ある虎か大きな豹のよう。その顔は人型生物と大型ネコ科のそれを混ぜたようで、見るからに邪悪な表情を浮かべている」などとあります。

で、3月から始めた3.5版キャンペーンが影界をテーマとしたものなので、このモンスターを出したくなりまして、ミニチュア・メーカーのReaperのフォーラムで「なんか使えるミニチュアないかなー」と相談したところ


なるほど、Reaper版のグラブレズゥか。確かに4本腕があるけど上2本の改造が面倒そうだなあ。あとそれ狼頭……

「WarlordラインのWolfman(人狼)のどれかに腕2本足して改造したら?」

いやー、腕2本追加ってわりと改造が大変な気が。あとそれも猫科じゃなくて狼……

……だいたい気がついてましたけど、怪物化したら猫科の頭部と犬科の頭部ってあんまり区別つかないですよね!あと元のイラストもそんなに猫科っぽくないよね!

というわけで、ギラロンに適当な獣っぽい頭をくっつけて改造しようという方針に


思い立ったら吉日。まずは材料の準備です

P3220014.JPG

D&Dミニチュアのギラロン(古いほう)と、ウォーハンマーのゴブリン・ウルフライダーのジャイアント・ウルフの頭部。ウルフは自分で選んで変化を付けられるよう、ランナーに余分な頭がついているので、普通に組むと余るのです。

まずはウルフの頭の後ろの出っ張りを切り落とし、ギラロンの頭部を切断して、大雑把に合わさるように削ります。というかデザインナイフで切ります。

P3220016.JPG

ここはどうせ後でパテで埋めて加工するので精密さは必要ありません。形を合せたらドリルで双方のパーツに穴をあけ、真鍮線を埋め込んで接続します。

P3220017.JPG

とりあえずくっつきました。この時点ではまだ胴体と首の間は隙間だらけです


改造してペイントしてベースデコレーションして……ということを考えると、D&Dミニチュアの元のベースではふにゃふにゃすぎるので、デザインナイフで切断。

P3220022.JPG

このあと首の隙間をパテで埋めたりするのに、ベースが邪魔になって作業しにくいかなーと思ったのもあります。後になってみるとそんなことはなかったので、この時点ではベースついててもよかった気がしますが。

で、パテ埋め

P3220029.JPG

使用したのはタミヤのエポキシパテの速効果タイプ。粘着力が強いので穴埋めと接着を兼ねた用途に向いているんじゃないかと思います。
スパチュラで馴染ませ、毛並みの筋を入れて頭部とボディがうまく繋がるように。

で、とりあえずくっつけて、50mm丸ベースに接着して砂を撒いてみました。いちおうこれで大ざっぱな形が完成……

P3220035.JPG

……と思ったのですが、なんか違う。そうだ、たてがみっぽいものをつけよう。元のイラストにあるし、接続部分のアラも隠れるし。

というわけで、タミヤのパテが乾いたあとで、さらにパテを持ってスパチュラで加工。

P3230039.JPG

おお、なんとなくギラッシュっぽくなってきたような気がします。

こっちの作業に使ったのは、今回初めて買ってみたWaveの「ミリプット・エポキシパテ・グレードS」。
硬化時間が速いのとキメの細かさがウリのようです。実際につかってみると確かにキメが細かく、毛並みなどの加工がしやすいかも。
エポキシパテというよりはなんだか紙粘土をきめ細かくしたような感覚? あるいは陶芸用の粘土?
混ぜた当初はかなり柔らかいのですが、時間が経つにつれ粘度というかまとまりやすさが変わっていきます。
硬化が速いだけあって、いじりながらそのときどきの硬さに向いた加工を心がけるほうが良いかも。

P3230041.JPG

なんだか粘土っぽいなーと思ったら、実際に陶土とか滑石とかを使ってあるんですね。

2体ともタテガミを作り終わって、これで形は完成。あとはペイントするだけ。

P3230045.JPG

ギラッシュは影界から来る来訪者で常に闇をまとっているので、黒ベースでスタートして塗って行きます。

P3300049.JPG

そしてできあがったものがこちら。

P4010064.JPGP4010066.jpgP4010069.jpgP4010070.jpg

どうでしょう。それなりにギラッシュっぽいものが出来たのではないでしょうか。

この記事がアップされるころには、実際にこのモンスターと戦ったプレイヤー諸氏の悲鳴がTwitterあたりに轟いているかも?w



前々から、なんかこういう、人間が25〜30mmくらいの縮尺のゲーム用ミニチュア全般に関するTwitterのタグがないかなーと思っていたのですが。海外のミニチュア・メーカーやミニチュア・ショップの分類を見ると「tabletop miniature」というのが散見されまして。
翻訳するなら卓上ミニチュア。ようするに日本で言う卓ゲー用のミニチュアという分類ですね。そこでこれを略して「#卓ミニ」というタグを考えてみました。これならTRPGやウォーゲームといったゲームの種類をまたがって使えますし、ファンタジーでも歴史物でもSFものでも大丈夫だと思うんですが、いかがでしょうかね?




posted by 遊び人の伸さん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニチュア

2010年08月14日

ミニチュア改造中とか

友人がD&D4版で使ってるPCを再現するためメタル・ミニチュアの改造に着手。

片手にコピシュ、もう片方の手にオーブをもったドワーフのウィザードという、なかなかに珍しいスタイル。

ベースにしたのはReaper社の「14130: Snorri, Dwarf Solo」

http://www.reapermini.com/Miniatures/14130/latest/14130

クロスボウをもったドワーフのミニチュアです。


このミニチュア、もともと右手が別パーツになっているのですが、まずはそこからクロスボウを切りおとして、リーパーの他のミニチュアから取ってきたコピシュをくっつける準備をします。

手とコピシュ双方のパーツをカッターやヤスリで加工して、接続用に0.5mmの真鍮線を埋め込んで準備完了。

ReaperのWarlordシリーズのミニチュアなので、もともと付いてきたのは25mmの四角いベース。こいつはゲームズ・ワークショップ社製の25mm丸ベースと交換することにします。

Khopesh1.jpg



胴体と手、手とコピシュ、ミニチュア本体とベースを接着して組み立て完了。

はみ出た接着剤とかは乾いた後でまたちょっと加工予定。

左手に持っている球は待針の頭です。ミニチュアの手のひらに穴をあけ、針を短く斬った待ち針を差し込むことでオーブにしようという寸法。

この時点でオーブはまだ接着しておらず、プリットのひっつき虫で仮に止めてあるだけ。待針の頭の光沢をそのまま使いたいので、ミニチュア本体をペイントした後で合体させます。色もいろいろあるので、どの待針を使うかはペイント後に考えようかと。

Khopesh2.jpg


ところですごーーーーーーく久しぶりに、D&Dミニチュア・トレード掲示板の僕のリストを更新しました。もうすぐ「Lords of Madness」が発売されようというのに、ようやく「Savage Encounter」をリストに加えているという体たらく。いや、注文先の店がいろいろ仕入れにトラブりまして、何ヶ月もまたされたのですよ(^_^;)

で、掲示板にリストをアップしようとしたら、何故か受け付けてもらえない。

管理者権限でエラーログを見たらNGワードが含まれていたいうメッセージが。

ええ!? なんでだろう。Savege Encounterのリストを追加しただけなのに……

……ま・さ・か

>Savage Encounter : 001 Adult Gray Dragon(2体)
>Savage Encounter : 002 Adult Purple Dragon(2体)

これでした。「Adult」がデフォルトのNGワードに引っかかってたんですなw

しょうがないので設定をいじってアップ可能に。

こんなこともあるんだなー。
posted by 遊び人の伸さん at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニチュア

2010年07月30日

ブラック・ドラゴン組んでみました。

先月入手した2000年発売のWotC製Black Dragon。とりあえず組んでみました。

といっても本当に「繋いだだけ」で、ペイントできる状態に持ってくまでには相当かかりそうですが。

なにせ総重量600g近く、パーツ数は12。真鍮線を埋め込みながら組み上げるだけで一仕事です(^_^;)

とりあえず形が見えてきたのでDDMのブラック・ッドラゴンたちと比較。

BlackDragons.jpg

左からアイコンズの巨大ブラック・ドラゴン、メタルのブラック・ドラゴン、ソーサラーつきの超大型ブラック・ドラゴン、大型ブラック・ドラゴン2種、中型、小型。

今までの超大型ブラックが、ソーサラーが余分だとか超大型にしちゃ小さいとか言われていたので、大型と巨大の間を埋めるのに良さげですね。

場合によっては4マス×4マスのベースをくっつけて巨大ブラック・ドラゴンに使ってもいいくらいのボリュームです。
posted by 遊び人の伸さん at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニチュア

2010年06月16日

オトモアイルー精霊化計画3日目(完成)

できましたー!

まずは昨日の段階から、砂を茶色く色づけ(シタデルカラーのBestial Brown)。より明るい茶色(Snakebite Leather)→ベージュ(Bleached Bone)でドライブラシをしてメリハリを。

オトモアイルー土.jpg


木工用ボンドを少し薄めながら筆でちょんちょんとつけ、草(スタティック・グラス)をくっつけて完成!

オトモアイルー完成.jpg


頭の上の穴はパテでふさぎ、タミヤカラー(アクリル塗料ミニ)の「バフ」を塗ってごまかしました。

オトモアイルー完成頭.jpg


これで精霊オトモアイルーの完成。来月からPCたちと一緒に冒険できます。
posted by 遊び人の伸さん at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニチュア

2010年06月15日

オトモアイルー精霊化計画2日目

なんかたまには作業途中の段階をさらしてみるのもいいかなーと思いまして

アイルー2前.jpg

アイルー2上.jpg


昨日の段階から

頭の穴をエポキシパテで埋める

パテの硬化を待つ

石鹸水で洗う(手油とか汚れとか落とすため)

乾かす

ベースに木工用ボンドぬりぬり

砂つける

乾かす←イマココ

乾燥待ちとかパテの硬化待ちとかがあるので作業は一気には進みません。
他のことをやる合間にチョコチョコっといじって、数時間後にまたチョコチョコという感じ。

この後は

・ベースの砂に色をつける
・頭の穴をパテで埋めたところを帽子に近い色で塗ってごまかす
・ベースに草を生やす

といった作業を経て完成予定。
posted by 遊び人の伸さん at 16:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニチュア

2010年06月11日

ミドルアース・クエスト ミニチュア・ペイント・コンテスト期間延長

ミドルアース・クエストのミニチュア・ペイント・コンテストの応募締め切りが、6/30までに延長されたようです。

http://www.hobbyjapan.co.jp/meq/

賞品もなかなか豪華ですし、参加するだけで未塗装版のミニチュアがもらえるのでお得です。

予選は画像送付だけですし、お気軽にご参加ください。
posted by 遊び人の伸さん at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニチュア

2010年04月27日

ミドルアース・クエスト ミニチュア・ペイント・コンテスト

Fantasy Flight Games という会社のミドルアース・クエストというミニチュアつきボードゲームがありまして、ホビージャパンから日本語版が発売されているのですが、今度そのゲームのミニチュア・ペイント・コンテストがあります。

http://hobbyjapan.co.jp/meq/index.html

僭越ながら僕もこのコンテストの審査員の一人を勤めさせていただいております。

参加賞として、同じミニチュアの未塗装版一式がプレゼントされますから、参加するだけで手元にペイント済みともとのままのミニチュア2組が残ってお得です。

みなさん、振るってご参加ください。
posted by 遊び人の伸さん at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニチュア

2010年04月14日

自作ミニチュアケース

Twitter上でミニチュアを収納したり運搬したりするケースを自作する話題が出ておりまして
Twitpicに画像を上げようかと思ったのですが、どうにも調子が悪いのでこっちで

僕が自作して使ってるミニチュア収納&運搬用ケース。外側はやはり100円ショップで売ってるA4ケースですが、

P1010002.JPG


中には東急ハンズなどで売っているウレタ ンフォーム(1m×1mくらいで売ってるやつ)を切って入れ、上下からミニチュアを挟んで保持するようにしてあります。
片方もしくは両方を、片面が波形になっているフォームにすると、安定感が増します。

P1010001.JPG


こちらは上下とも波形ウレタンフォームを使ったケース。
サイズや分厚さの違うミニチュアをいっぺんに運びたい時などに向いているかと。

P1010004.JPG


A4ケースが100円。ウレタンフォームが確か1m×1mで200円前後(最近買ってないのでうろ覚え)なので、
たぶんケース1個あたりの材料費は200円かそこらじゃないでしょうか。

追記1:ウレタンフォームの値段は記憶があやしいので、もうちょっと高いかもしれません。

追記2:A4ケースですが、100円ショップに売っているものでも厚さがいろいろです。1インチ〜30mm強スケールのミニチュア(ようするにD&Dの中型サイズのキャラやモンスターに使うミニチュアとか、ウォーハンマーの普通の兵隊のミニチュアとか)を保持することを考えると、上下のウレタンフォームの厚さが1cmないしは波形で1.5cm〜2cmとして、ケースの厚みが4cm前後は欲しいところ。
posted by 遊び人の伸さん at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニチュア

2010年03月17日

Reaperの可愛いネズミ族(Mousling Heroes)

Reaper の新作予告にハートを射抜かれたので紹介

まずは見て下さい「10033: Mousling Heroes」

http://www.reapermini.com/Miniatures/previews/latest/10033

可愛すぎる!

今までワーラットとかウォーハンマーのスケイブンとか、間抜けっぷりや小物っぷりが可愛いドブネズミ種族はいましたが、丸まっちい可愛いネズちゃん種族って初めてじゃないでしょうか。

ブリスター売りじゃなくてボックス・セットのようなのですが、ReaperのBBSにあったスタッフの書き込みによれば

There'll be 10 total in the first box: barbarian, bard, archer, wizard, warrior, duelist, pirate, thief, monk, knight.

10体セットですと! そして「the first box」ってことは、シリーズ化も考えてるってことですか!?

決めました。僕の次の4版キャンペーンの世界にはマウスリングがいます。データはハーフリングかなんかを流用すればPCとしてプレイ可能。

あ、エラドリンとエルフがいるみたいに、フェイワイルド版と自然世界版が居てもいいですね。フェイワイルドのマウスリングはノームのデータ使うとか。
posted by 遊び人の伸さん at 18:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ミニチュア

2010年03月08日

Reaperのミノタウロスが素敵すぎる!

PHB3でミノタウロスが正式なPC種族になるのを見越してか、ミニチュア・メーカー過九社が中型サイズのミノタウロスをちらほら出しているのですが、本命Reaperがさすがの一品を。

http://www.reapermini.com/graphics/caption/YToyOntzOjQ6Im5hbWUiO3M6MTM6Ik1pbm90YXVyIEhlcm8iO3M6ODoic2N1bHB0b3IiO3M6MTM6Ikp1bGllIEd1dGhyaWUiO30=/03514_g_1.jpg

現在グリーン(原型)段階ですが、原型師は Julie Guthrie。造形がさすがとしか言いようがない。

いつだ、いつでるんだ!
posted by 遊び人の伸さん at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニチュア

2010年02月06日

レッド・ドラゴンのミニチュア2種類

本日は『原始の書』のテキスト読み合わせ。明日もう1日やれば訳文がぜんぶ揃います。
原始のキャラクターはものすっっっっっっごく熱いので乞うご期待!

さて、それとは関係ないのですが、近々 Reaper から2種類ほどレッド・ドラゴンのミニチュアが出るみたいなので期待大。ツイッターでも呟いてましたが、

まずこちら、Pathfinder シリーズの表紙絵のレッド・ドラゴン。前にも予告が出てましたが、ついにペイント・サンプルの画像が

http://www.reapermini.com/misc/60021_red_front_page.jpg

公式BBSのスタッフ書き込みを読む限りでは、ベースの根元から首のヒレ状突起のてっぺんまでが約7cm。左右の翼はそれぞれのパーツが9cm半くらいあるので、翼を広げた全幅は18〜20cmくらいだろうとのこと。D&Dで言うと超大型のドラゴンですかな。

こいつはペイント・サンプルなので実際には未塗装のメタル・ミニチュアです。原型師は Julie Guthrie だから仕上がりは期待していいでしょう。4月発売で定価は$29.99とのこと。


次にこちらは、プラ製塗装済み完成品の Legendary Encounters シリーズのレッド・ドラゴン

http://www.reapermini.com/Miniatures/previews/latest/20029#detail/20029_p_1

原型はこちらのメタルと同じと思われます。

http://www.reapermini.com/OnlineStore/dragon/sku-down/03338

写真右のクサビ型の印がそれぞれベースから0.5インチ、1インチの印らしいので、大型のドラゴンでしょうか?

こちらは3月発売で$6.99だそうです。
posted by 遊び人の伸さん at 20:42| Comment(2) | TrackBack(0) | ミニチュア

2010年01月18日

熊蜂の飛行

ブーーーーーーーン

flightofthebumblebee.jpg

DDMのヘルワスプが9体集まりました

BGMは「昆虫軍(戸川純バージョン)」!
posted by 遊び人の伸さん at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニチュア

2009年11月23日

Reaper の Pathfinder シリーズのドラゴン

Pathfinder の表紙のレッド・ドラゴンがさっそくミニチュア化される模様。11-22-09付けでサイトにグリーンの写真が載りましたが、なかなかに格好よい。なにせ原型師は Julie Guthrie ですぜ旦那!

http://www.reapermini.com/News
posted by 遊び人の伸さん at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニチュア

2009年09月30日

超造形魂モンスターハンターとD&Dミニチュアの比較

昨日の日記にサイズに関するコメントをいただいたので、ちょいと比較写真を撮ってみました。

やっつけなのでイマイチな出来ですが(^_^;)

まずはDDM自体の超大型(Huge)について。実はかなりバラツキがありまして、たとえば左は Legendary Evils の Elder Green Dragon、右は Against the Giants の Elder Red Dragon。同じ超大型のクロマティック・ドラゴンでも、けっこうな差があります。

monhunddm1.jpg

monhunddm2.jpg

で、こいつらと超造形魂のモンハンを比べてみますと、こんな感じです。

monhunddm3.jpg
monhunddm4.jpg

左から、Elder Green Dragon、ナルガクルガ、ティガレックス、リオレウス、ディアブロス、Elder Red Dragon(サムネイルをクリックすると大きくなります)。

ベースを付けなおして大型(Large)のでかめのやつとして使ってもよし、そのまま超大型(Huge)として使っても良しという感じかと。

ナグガクルガなんかはわりと小さめ。ディアブロスは角がゴツいので大きく感じますね。
posted by 遊び人の伸さん at 21:41| Comment(2) | TrackBack(0) | ミニチュア

2009年09月29日

超造形魂モンスターハンター

風邪っぴきでセッションの機会を逃し落ち込みぎみの遊び人ですorz

先日の日記でちょっとふれた超造形魂のモンスターハンター。シングル屋だと1体2000円くらいだったので躊躇していたのですが、調べてみたらちょうど今月、第1弾の再版がかかるということ。

で、取り寄せてみました。ちなみに今回再版されたのは、前に「超造形魂 モンスターハンター ポータブル 2nd G」として発売されたのと同じものだそうです。

まずは看板モンスターのリオレウスをダンジョン・タイルに置いてみますと、

monhun1.jpg

店頭でみたとき指で計ってイケるんじゃないかなーと思っていましたが、付属ベースの直径がほぼ3インチ(77〜78mmくらい)なので、ベースを付け替えたりしなくても、そのまま超大型モンスターとして使えます。

で、第1弾のラインナップですが、シークレット含めてこんな感じ

monhun2.jpg

8種+シークレット1種のうち8種類が飛竜系。超大型サイズのワイヴァーンとかドレイク系のモンスターに使うのにちょうどよいでしょう。

第2弾には4本脚のドラゴンなんかもいるみたいですが、D&Dに使いにくそうなモンスターもいるので考えどころ。まあ4版ならデータを自作しちゃうってのもアリですか。
posted by 遊び人の伸さん at 20:22| Comment(2) | TrackBack(0) | ミニチュア

2009年09月23日

超造形魂の

モンハンのやつが、ちょうど超大型クリーチャーによさげ

で、リオレウスとかリオレイアあたりが、DDMで超大型サイズが出てないワイヴァーン系モンスターにちょうどいいかなーと思ったんですが

シングル屋だと2,000円以上するんですね(^_^;)

ちと高い。

しかもすぐ品切れになるから狙ったものが手に入りにくいし。

こういうのが欲しかったら、常にアンテナ張っとかないとダメなのかなー
posted by 遊び人の伸さん at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニチュア

2009年09月22日

ぴったり

penguin.jpg


セッションのときプレイヤーさんの買ってきた清涼飲料水のオマケ

サイズ的に25mmベースに載っけられるんじゃね……というわけで載っけてみた

ぴったりだw

「で、何に使うんだこんなもん」
「楽器持ってるしバードとか」
「種族はなんだよ!」
「シフター?」
「ペンギンのか!」
「精霊の相棒とか、動物の相棒とかもありじゃね」
「ああ、4eだと外見は自由だしな」
「ウォーデンが“フォーム・オヴ・ザ・ウィンターズ・ヘラルド”を使ったときに」
「どうみても夏の格好じゃねえか!」
posted by 遊び人の伸さん at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニチュア

2009年09月19日

こんなところにも不況の波が(Heresyセール中)

http://www.heresyminiatures.com/sale2009.htm

個人経営のイギリスのミニチュア・メーカー「Heresy」ですが、ニュースレターによれば経営難により家を売らねばならなくなり、仕事場を移すためにミニチュア最大35%オフセール中だそうで。

セールのアナウンスのメールには、こいつを売った金で最初の年の家賃を……とか、かなり切実なことが書いてあります。

最近、海外のゲームやミニチュア関係も景気の悪い話ばかりで(^_^;)
posted by 遊び人の伸さん at 06:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニチュア

2009年09月16日

Reaper自重!

Reaper が時代物からSFからアメコミヒーローまでなんでもありの「Chronoscope」というラインを出しているのですが、今度の新作にあったのが

http://www.reapermini.com/Miniatures/previews/latest/50114

チュパカブラw
posted by 遊び人の伸さん at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニチュア

2009年09月10日

ペトペトと

ここのところ忙しくて時間がとれなかったので、仕事の合間に「迷える魂を喰らうもの」に必要なミニチュアをペイント。

ネタバレになるのでお見せできません

というわけでモザイクw

シナリオを読んだことのある方なら見当がつくかもしれません。

20090910.jpg
posted by 遊び人の伸さん at 21:13| Comment(3) | TrackBack(0) | ミニチュア