2010年09月08日

D&Dミニチュア Lords of Madness のレアリティ

Preview 1で構成の話が出ておりますね。

http://www.wizards.com/DnD/Article.aspx?x=dnd/4pr/20100813

ここの情報とWotCのフォーラムにあった情報などを整理しますと、

●Lords of Madness 全体
・ミニチュアは全60種類
・中型/小型のコモン………×8種
・中型/小型のアンコモン……×8種
・中型/小型のレア……×14種
・中型/小型のヴェリー・レア×4種
・大型のアンコモン……×5種
・大型のレア……×4種
・大型のヴェリー・レア……×4種
・超大型のアンコモン……×5種
・超大型のレア……×4種
・超大型のヴェリー・レア……×4種

●Lords of Madness 1パックの内容
・1パックに入っているミニチュアは6個
・超大型ミニチュア1つ(アンコモン、レア、ヴェリー・レアのいずれか)
・大型ミニチュア1つ(アンコモン、レア、ヴェリー・レアのいずれか)
・中型/小型のヴェリー・レアもしくはレア1つ
・中型/小型のアンコモン1つ
・中型/小型のコモン2つ

こうなっております。

ようするにスロットは5種類。コンプリートを目指すなら指標となるのは
・超大型枠
・大型枠
・中型/小型のヴェリー・レアもしくはレアの枠
この3枠。特に上の2枠ですね。

超大型と大型枠に関して記事では「平均的には8ブースター開けると5種類ぜんぶのアンコモン、レアの半分(2種類)、ヴェリー・レアの1/4(1種類)が入手できる」と書いてあります。

ようするに、同じレアリティどうしのミニチュアをトレードしてコンプを目指すとして、超大型と大型のヴェリー・レアを4個ずつ入手するためには期待値で32パック必要ということですね。

この時のミニチュアの分布は

・中型/小型のコモン………×64個(1種類ごとに平均8個)
・中型/小型のアンコモン……×32個(1種類ごとに平均4個)
・中型/小型のレア……×28個(1種類ごとに平均2個)
・中型/小型のヴェリー・レア×4個
・大型のアンコモン……×20個(1種類ごとに平均4個)
・大型のレア……×8個(1種類ごとに平均2個)
・大型のヴェリー・レア……×4個
・超大型のアンコモン……×20個(1種類ごとに平均4個)
・超大型のレア……×8個(1種類ごとに平均2個)
・超大型のヴェリー・レア……×4種

こんな感じになるわけですな。

言い換えるならば、各サイズのヴェリー・レアを4個ずつ入手できる期待値の数のブースター(32パック)を開けると、レアは期待値で同じものが2個ずつ、アンコモンは同じものが4個ずつ、コモンは8個ずつ手に入るわけです。

思ったほどはキツくない………かな?

でもいま貧乏だしなあ(^_^;)
posted by 遊び人の伸さん at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | D&D
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/40597330
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック