2010年07月07日

『シャドウフェル城の影』第1回(大いにネタバレあり)

『シャドウフェル城の影』に大幅アップデートがかかり、HJのサイトで前半部の無料ダウンロードと後半部のアップデートが発表されています。

というわけで、あらためてメンツを集めてこのアドベンチャーを遊んでみようと考えまして、先月某日、第1回目のセッションを行ないました。

参加PC

○六茸入道……ゴライアスのウォーデン(大地の力)
山に篭って荒行すること三年。茸を見つめて瞑想すること三年。ついにウォーデンとしての道に開眼し、獲物のハルバードで大自然の敵を粉砕する荒法師。

○ディアノア……エルフのシャーマン(狩る者の精霊)
なんだか猫げな精霊をお供に連れたエルフのシャーマン。現在脳内ではマフモフ装備。

○イーオネット……カラシュターのパラデイン(アイウーン)
インスパイアドの刺客に怯える日々の恐怖を払拭すべく、知識の神アイウーンの精神性に帰依したパラディン。【判】/【魅】型でレイ・オン・ハンズとディヴァイン・チャレンジの効果は抜群。

○アスター……デーヴァのアヴェンジャー(アイウーン;団結の宣告)
イーオネットと同じくアイウーン教団に仕えるアヴェンジャー。たおやかな外見とは裏腹にフルブレードで強烈な一撃を繰り出す。

○カイルウィン……エラドリンのウィザード(オーブ)
自然世界に興味を抱き、フェイワイルドを離れて冒険に出てきた魔導師。パーティの知恵袋。

以下、超ネタバレ注意












かつての大帝国も今は無く、点在する文明の光を一歩離れれば魑魅魍魎の跋扈するこの時代。
人々は一人旅を避け、目的地を同じくする者どうしで集まって、街道や荒野に潜む危険に備える必要が合った。

そして今。運命のいたずらか、それとも何物かの見えざる手の働きか、偶然にも5人の英雄たちが辺境の地“冬越村”へと続く“王の道”を旅している。

ある者は大自然の精霊たちが囁いた、デーモンを崇める邪悪な教団の実体を確かめるため。
ある者は知識の神のしもべとして、古代帝国の城塞の調査を行うべく。
そしてまたある者は、消息を断った友の足跡をたどって。

目指す冬越村まであとわずか。やれやれ今宵は暖かいベッドで旅の疲れを癒せるか。
喉をうるおすエールの味と暖かいシチューに思いを馳せていた一行は不穏な気配に警戒を強めます。
街道沿いの岩陰に身を潜める小さな人影を見つけたのです。
あるいは槍を、あるいはスリングを手にしたその影は長い鼻面と尻尾を持ち、爬虫類じみた瞳で、近づいてくる一行を観察しています。
どうやらならず者のコボルドが旅人を襲おうと待ち伏せしているようです。
P1010001.jpg



しかしこの日の“獲物”はいつものカモとは大違いでした。
5人の旅人は偶然にもいずれ劣らぬ強者ぞろい。
しかも大自然の中で鍛え上げた目と耳を持つエルフがいるとあっては、不意討ちなぞできるはずもありません。
ディアノアの精霊の力ですばやく展開しつつ、まずはカイルウィンがオーブマスターズ・インセンディアリィ・デトネーションで先制攻撃。
※注:ここちょっとルール処理を間違えてまして1ターン目に爆発5の範囲に呪文が広がってますが、本当は2ターン目にならないとこの範囲になりません。
P1010003.JPG



雑魚は燃えるにまかせ距離を詰める戦士たち。
ディアノアが《狩る者の精霊熟達》を修得しているため、精霊に隣接してターンを開始した味方は1マスシフトできます。
そのうえパラディンのイーオネット以外は重装鎧を着ていないため全般的に移動速度は高め。
P1010005.JPG



雑魚や砲撃役が適度にふっとんだところで、兵士役の「竜鱗盾のコボルド」との接近戦が始まります。
P1010009.JPG



後方支援なしではコボルドの兵士など英雄たちの敵ではありません。
皆殺しにするのは簡単ですが、こいつらが旅人を襲う山賊のようなものなら、本拠地なり住処なりがあるはず。
最後の1匹を生け捕りにして尋問することにしました。
P1010014.JPG



親玉やアジトについて聞いても「そんなことを答えたら殺される!」と泣き叫ぶコボルド

アジトの在りかを吐けば逃がしてやる、ここから遠くに逃げれば命だけは助かるぞ、と「説得」し(お察しください)
コボルドの山賊団の住処を聞き出した一行

念のため山賊退治を済ますまで、捕虜にしたコボルドは簀巻きにし、残りの連中の死体や装備といっしょに薮に放り込んでおきます。



さて、ここで旅を再開し、いったん目的地の冬越村まで行くという選択肢もあったのですが、
倒したコボルドたちが戻ってこなければアジトの連中が気付くだろうと考えた一行は、一気にコボルドの住処を叩くことにしました。

捕虜のコボルドによれば、山賊団のアジトは近くの森の中、川沿いの洞窟にあるとのこと。
警戒をおこたらず接近してみると………

いましたいました、アジトのまわりにコボルドどもがわらわらと。
〈隠密〉を活かして隠れている敵もいたのですが、〈知覚〉が高めのパーティなので不意は討たれません。
P1010016.JPG



まずはアスターが前進し、木陰に隠れていたやっかいそうな遊撃兵をオース・オヴ・エンミティで滅殺の目標と宣言。
ボンド・オヴ・センシャーで引き寄せます。
P1010018.JPG



突出したためちょっと群がられるアスター。
他のPCはイニシアチブが遅かったため、出遅れ組にも次々と雑魚どもが突撃します。
しかしまずはウィザードのカイルウィンがオーブマスターズ・インセンディアリィ・デトネーション(※このときもまだちょっとルールを間違えてました)
P1010019.JPG



さらにアクション・ポイントを使って無限回パワーのチリング・クラウド(ミニチュアに限定で付いてきたカードのパワー)を使用。
攻撃ボーナスを与える魔法陣に居座っていた竜鱗盾のコボルドや雑魚どもを転ばします。
これが本日の2遭遇目。これを超えればマイルストーンでアクション・ポイントがもらえるので、そろそろ使い時です。
P1010020.JPG



そして今度は六茸入道。ここで酷いコンボが。

大自然の怒りで隣接する雑魚を全部マーク

ストーンズ・エンデュアランスですべてのダメージに対する抵抗5を得る
(この雑魚のダメージは4なので何回攻撃してもノーダメ)

機会攻撃をガシガシと受けながらアスターの近くまで移動

コボルドのスリング兵をゲイル・ストライクで攻撃

ヒットしたので使用者にマークされているすべての敵は六茸入道の【耐久力】修正値に等しいダメージを……

すごい勢いで雑魚減った!
P1010023.JPG



一方でイーオネットは移動困難な地形に難儀しつつも、転んでる竜鱗盾と取り巻きの雑魚に接近。
AC20のパラディン様ならこの程度の敵は1人で充分。
P1010024.JPG



アジトの中の味方を呼ぼうと逃亡を図るスリング兵。
しかし! 精霊の相棒はマイナー・アクションで出し入れ自由。しかもコール・スピリット・コンパニオンは近接範囲・爆発20
いきなり出現した精霊にツイン・パンサーくらってぼろぼろに。
P1010026.JPG



こうなるともう逃亡も不可能。最後に残ったコボルドも、イーオネットのディヴァイン・チャレンジをうけ、アスターのオース・オヴ・エンミティの対象となり、あえなき最後を遂げたのでした。
P1010027.JPG



会場が出先だったり、電車のダイヤが乱れたり、4版のプレイヤーは1回目という人が過半数だったり、キャラメイクの仕上げに時間をとられたり。
いろいろあって今回は導入+2遭遇でセッション終了。

次回はいよいよ、コボルド山賊団の本拠地に乗り込みます。
posted by 遊び人の伸さん at 21:35| Comment(4) | TrackBack(0) | D&D
この記事へのコメント
塗装されてないメタルフィギュア(角のような物がはえてる?)が何か気になるのですが、コレの写真のUPを見せて頂けませんか?
また、メーカーや品名の詳細が分かれば教えて頂ければ幸いです。
Posted by DDMFAN at 2010年07月09日 21:23
>DDMFANさん
これは「Dragonblood Miniatures」の「Witch Queen」というミニチュアです。

http://twitpic.com/1ydi8y

実は Dragonblood Miniatures はちょと前に商売を閉じてしまいまして、その後以下の2社が一部の製品を引き取ったようなのですが、このミニチュアがどうなったのかはよくわかりません。

http://cavalcadewargames.com/cavalcade/home.html
http://darkswordminiatures.com/

ミニチュア・ショップの中にはまだ在庫を持っているところがあると思います。
Posted by 遊び人の伸さん at 2010年07月09日 22:47
早速の情報を有難うございました!!
因みにこのミニチュアは価格はいくらでしたか?
Posted by DDMFAN at 2010年07月10日 12:53
>DDMFANさん

僕はこちらのお店で買いました。

http://www.fantization.com/index.asp?PageAction=VIEWPROD&ProdID=9753

ただミニチュアの海外通販は送料の割合が大きくなりますので、そのときの注文の量などによって実際にかかる金額はかなり変わります。

こちらの国内通販ショップだと1,500円+送料ですね。

http://fullmetalplanet.biz/shop/dragonblood/dragonblood.html
Posted by 遊び人の伸さん at 2010年07月10日 13:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39510031
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック