2009年09月30日

超造形魂モンスターハンターとD&Dミニチュアの比較

昨日の日記にサイズに関するコメントをいただいたので、ちょいと比較写真を撮ってみました。

やっつけなのでイマイチな出来ですが(^_^;)

まずはDDM自体の超大型(Huge)について。実はかなりバラツキがありまして、たとえば左は Legendary Evils の Elder Green Dragon、右は Against the Giants の Elder Red Dragon。同じ超大型のクロマティック・ドラゴンでも、けっこうな差があります。

monhunddm1.jpg

monhunddm2.jpg

で、こいつらと超造形魂のモンハンを比べてみますと、こんな感じです。

monhunddm3.jpg
monhunddm4.jpg

左から、Elder Green Dragon、ナルガクルガ、ティガレックス、リオレウス、ディアブロス、Elder Red Dragon(サムネイルをクリックすると大きくなります)。

ベースを付けなおして大型(Large)のでかめのやつとして使ってもよし、そのまま超大型(Huge)として使っても良しという感じかと。

ナグガクルガなんかはわりと小さめ。ディアブロスは角がゴツいので大きく感じますね。
posted by 遊び人の伸さん at 21:41| Comment(2) | TrackBack(0) | ミニチュア
この記事へのコメント
私なんぞの一言のために、
ここまでしてくださってなんか恐縮です^^;

私的にはHugeはジャイアントオブレジェンズのHugeRedDragonやHugeGoldDragonのあのサイズが基準となってるので、レジェンダリエヴィルズのグリーンドラゴンなどは、
え?これがHuge?? 詐欺っぽい!!って印象が大きいです。
Hugeを謳うならHugeRedDragonと同等の大きさで製造して欲しかったですね。

それにしてもこの比較写真。
PHのサイズ比較表チックでカッコいいですね^^
Posted by DDMFAN at 2009年10月01日 00:44
>DDMFANさん
Hugeのドラゴンの大小に関してはポーズの問題もあるかと思います。ベースのサイズが同じ場合、後脚で立ち上がったり、脚を伸ばして馬っぽい立ち方をしているデザインと、爬虫類っぽい水平姿勢をとっているデザインでは、どうしても後者のほうが小さくなってしまうという。

D&Dの場合はマス目があるので、ベース同士を接触させなきゃいけないウォーハンマーなんかよりは造形に自由度があり、大胆にベースからはみ出ているミニチュアが多いですが、それでも限界はあるのでしょう。

個人的にはドラゴンのポーズとしては水平姿勢のほうが好きなので悩ましいところです。
Posted by 遊び人の伸さん at 2009年10月01日 10:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32562061
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック