2010年08月14日

ミニチュア改造中とか

友人がD&D4版で使ってるPCを再現するためメタル・ミニチュアの改造に着手。

片手にコピシュ、もう片方の手にオーブをもったドワーフのウィザードという、なかなかに珍しいスタイル。

ベースにしたのはReaper社の「14130: Snorri, Dwarf Solo」

http://www.reapermini.com/Miniatures/14130/latest/14130

クロスボウをもったドワーフのミニチュアです。


このミニチュア、もともと右手が別パーツになっているのですが、まずはそこからクロスボウを切りおとして、リーパーの他のミニチュアから取ってきたコピシュをくっつける準備をします。

手とコピシュ双方のパーツをカッターやヤスリで加工して、接続用に0.5mmの真鍮線を埋め込んで準備完了。

ReaperのWarlordシリーズのミニチュアなので、もともと付いてきたのは25mmの四角いベース。こいつはゲームズ・ワークショップ社製の25mm丸ベースと交換することにします。

Khopesh1.jpg



胴体と手、手とコピシュ、ミニチュア本体とベースを接着して組み立て完了。

はみ出た接着剤とかは乾いた後でまたちょっと加工予定。

左手に持っている球は待針の頭です。ミニチュアの手のひらに穴をあけ、針を短く斬った待ち針を差し込むことでオーブにしようという寸法。

この時点でオーブはまだ接着しておらず、プリットのひっつき虫で仮に止めてあるだけ。待針の頭の光沢をそのまま使いたいので、ミニチュア本体をペイントした後で合体させます。色もいろいろあるので、どの待針を使うかはペイント後に考えようかと。

Khopesh2.jpg


ところですごーーーーーーく久しぶりに、D&Dミニチュア・トレード掲示板の僕のリストを更新しました。もうすぐ「Lords of Madness」が発売されようというのに、ようやく「Savage Encounter」をリストに加えているという体たらく。いや、注文先の店がいろいろ仕入れにトラブりまして、何ヶ月もまたされたのですよ(^_^;)

で、掲示板にリストをアップしようとしたら、何故か受け付けてもらえない。

管理者権限でエラーログを見たらNGワードが含まれていたいうメッセージが。

ええ!? なんでだろう。Savege Encounterのリストを追加しただけなのに……

……ま・さ・か

>Savage Encounter : 001 Adult Gray Dragon(2体)
>Savage Encounter : 002 Adult Purple Dragon(2体)

これでした。「Adult」がデフォルトのNGワードに引っかかってたんですなw

しょうがないので設定をいじってアップ可能に。

こんなこともあるんだなー。
posted by 遊び人の伸さん at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニチュア