2010年03月28日

金曜日のD&D4版セッション

金曜日は月例の4版セッションでした。今回から、D&Dのウェブサポート誌『Dungeon』で連載中の、独立した短編シナリオから成るキャンペーン、『渾沌の傷痕』(The Chaos Scar)に突入。
DUNGEON #171のDen of the Slavetakers(奴隷狩りのアジト)をプレイしました。
作者はRob Heinsoo

PCは前回の通り

アッシュホーン
………ドラゴンボーンの勇壮なるウォーロード。この人がいるおかげでアクション・ポイントを使うのが楽しい。

ガラドグリム
………将来を見据えてなぜかコピシュを持ってるドワーフのオーブ・ウィザード。敵を盛大に燃やします。

シャルフリヒター
………ウォーフォージドの【筋】/【判】パラディン。レイ・オン・ハンズのかわりにヴァーチューズ・タッチを選択。

ベンジャミン
………ヒューマンの指揮者型アヴェンジャー。1レベル時点で特技が2つとれるのでエクスキューション・アックスに習熟し、基礎攻撃も【判断力】で。

リンゴーン
………ドワーフ娘の熱闘型ファイター。ハンマーでゴンゴンとブラッシュ・ストライク。どんどんダメージをくらっては一時的hpで吸収。

以下ネタバレ注意












グレた中二病のハーフリング娘がトログの司祭と化し、配下にモンスターを集めた上、かつての家族を含めて人さらいに励んでいると聞いた一行。
ペイロア司祭と、不良娘を出した家の人たちの依頼で、さらわれた人たちの救助&イっちゃった娘退治に向かいます(だいたいあってるはず)。

誘拐犯が出た現場付近をうろついて捜索。なにやら人里離れた方角に向かう荷馬車のわだちを発見し、たどって行ったのですが……


P1010001.JPG

あれー? 荷馬車の車輪が穴にはまって、御者とか馬とかをでっかいアリさんが食ってるーー!!


P1010006.JPG

素早い! ジャイアント・アント素早い!
しかも一匹殺すと他の蟻が暴れて攻撃したり、シフトしたり、爆発したり………ぬう、社会性昆虫は下手な人型種族より連携がとれてますよ!


P1010010.JPG

馬車に積まれてた人はアリさんに食べられてました(ナムナム)。
なにやら地図があったので、それを頼りに探険。悪い奴のアジトはここかなー?


P1010011.JPG

なんかちっちゃくて飛んでるのに不意を討たれました。PHB2にいるホムンクルスのクレイ・スカウトです。
無限回の遠隔攻撃で幻惑状態(セーヴ・終了)が嫌らしい。
最初に攻撃をくらったリンゴーンに続き、段差を登って攻撃しに行ったベンジャミンも幻惑状態に。
「幻惑状態のクリーチャーにとって、クレイ・スカウトは不可視である」
な、なんだってー!!


P1010012.JPG

1遭遇目からヴァーチューズ・タッチを使いきる勢いで幻惑状態を除去するシャルフリヒター。
後で思い返せば、1回くらいは残しておくべきだったか。しかしなんか内側で銅鑼を鳴らす音がしてたり、増援が来そうだったので焦ったのです。


P1010013.JPG

案の定来ましたよー。
さらにもう1匹のクレイ・スカウトが覗き穴から幻惑攻撃。
でもって奥には片腕(すいませんそんなミニチュアありません)のノールが。
え? 1レベルの最初の冒険にノール!?


P1010014.JPG

攻撃力の高そうなノールをみんなで必死にボコり、クレイ・スカウトも殲滅。
で、実はその後ろにアーバレスターもいてガンガン攻撃してきていたのです。
移動困難地形(いちおう技能判定で克服可能なのでぬるめ)を乗り越え、始末にかかる一行。
輪っかが2個はまってるのは、ベンジャミンのオース・オヴ・エンミティとシャルフリヒターのディヴァイン・チャレンジです。


P1010016.JPG

奥の扉を開けて進むとなんだかイヤンな地形。
毒々しい色のキノコが生えた深さ35フィートの谷と、だらんと垂れ下がった頼り無さげな吊り橋。
そして対岸になにやら建物が。
なるべく物音をたてないように進もうとしますが……


P1010018.JPG

先頭が橋の真ん中に到達したところで遭遇が発生(とアドヴェンチャーに書いてある。ひでえ!)。
でね、ロブ先生、思うんだけどね、
1レベルのPCに対して、移動困難地形扱いの8マスの吊り橋(揺らされると落下の可能性あり、橋自体を攻撃して切ることも可)てのは酷いと思うんですよ。
特に対岸に砲撃役が4体も出て来たりした日には……


P1010019.JPG

案の定、素早いクレイ・スカウトに先手をとられて橋を揺らされます。するてーと橋に載ってる全員に対して、
(揺らしたモンスターのレベル+3)対“反応”の攻撃
ヒットすると毒キノコの森に落下
ええ、落ちましたとも3人ほど(アッシュホーン、シャルフリヒター、ベンジャミン)


P1010021.JPG

毒キノコの森は移動するたびに対“頑健”の攻撃が来て毒ダメージ。
で、のぼりやすそうなキノコが密集しているあたりに近づくと………マイコニドが出たー!!


P1010022.JPG

とりあえず、しんがりだったおかげで対岸に残っていたガラドグリムがオーブマスターズ・インセンディアリィ・デトネーションを使用。
が、落ちた面々はまず崖を這い上がるところからやらねばならんのです。しかも動くたびに毒キノコの攻撃が。
幸いマイコニドはもう1つの勢力の味方というわけではなく、手近な生き物を攻撃してるらしいのですが……


P1010024.JPG

弓兵は雑魚なのでインセンディアリ・デトネーションの自動ダメージで一掃されました。
で、それはいいんですけど、マイコニドがベンジャミンに群がっている。これはヤバいかも……


P1010025.JPG

集中攻撃をくらってベンジャミンが瀕死状態に。
うわー! いきなり撃破役が消えたー!


P1010026.JPG

これはヤバイとガラドグリムが一日毎のフレイミング・スフィアーを使用。
以降、シャルフリヒターとリンゴーンの主なお仕事は敵を火の玉の隣に釘付けにすることに。
しかし、マイコニドの腐敗の司祭が近接範囲攻撃を連発してアッシュホーンも倒れた!
うお、司祭とかいう名前で範囲攻撃持ってるから制御役かと思ったら、暴れ役かこいつ!


P1010027.JPG

リンゴーンが〈治療〉判定でアッシュホーンに底力を使わせたり、みんなで一日毎パワーやアクション・ポイントを使いまくって必死で敵を殲滅。
この戦闘(というかこの日全般)、プレイヤーのd20に2とか3とか4とかが出る一方で、DMがクリティカルを連発。
えーと、一日毎残ってないけど、まだ攫われた人救出できてないよねー
なんだか建物の中で悲鳴がしてるし………
大丈夫、回復力の使用回数はある。あえて行くべし!


P1010028.JPG

なんだか狭い部屋でハーフリングの女司祭と、カルト教団ぽい人たちが生け贄の儀式をやってます。
で、殺された人たちからアンデッドが作られて………MM2のウィザリング、ただし原材料がハーフリングなので小型版だそうです。


P1010029.JPG

いぶりだせー!
ガラドグリムがオーブマスターズ(ry で部屋の中を火の海に。これでカルティストの雑魚は一掃。
前衛が邪魔なウィザリングを始末して(アンデッドなのに[光輝]に対する脆弱性を持ってないんだな……)


P1010031.JPG

残った強そうな奴をベンジャミンがボンド・オヴ・センシャーで引き寄せ、後はみんなでタコ殴り。
女司祭は怖いので、攻撃を集中して1ターンでぶち殺しました。
最後に拷問吏を倒して戦闘終了。
生き残りのハーフリングが2人いたので、家まで送り届けてあげます。
かくして、悪のトログ教団は退治されたのでありました。
posted by 遊び人の伸さん at 15:42| Comment(2) | TrackBack(0) | D&D